ロックガーデン

iseki-garden

重厚感を生み出す石の魅力

ロックガーデンでは自然の形をした石を積み上げ、重厚感あるウォールやオブジェを造りだします。それをほどよく植物や苔に埋め込ませていきましょう。その空間を初めから長い時間が経っているかのように見せる事ができます。

モデルガーデンに作ったものは水を流せる大規模なものですが、小さなスペースでは水は流さなくてももちろん大丈夫です。ノスタルジックな雰囲気を作るのにとっても最適な表現方法です。

 


iseki-garden1

内部は有機質な土

モルタルできっちり固めてしまう事はあえてやりません。それだと神経の抜けた歯のように、無機質な感じがしてしまいます。積み上げた岩の中は土で固めるので、岩の隙間にツタやシダを植え込んで自然な感じを演出する事ができます。

人工物が人の手から離れて、自然の中に帰っていく様をバランスを見ながらうまく演出します。

 


IMG_4167

崩れた感じが優しい

きれいな直線ではなく、ところどころ崩れていたり曲がっていたり。そんな不完全な状態が時間の経過を感じさせてくれます。そしてなんだか「君もどこか壊れてていいんだよ。」って庭が言ってくれるようでほっと力が抜けちゃいます。

岩の隙間にはお気に入りの植物を植え込んでおきましょう。モルタルの使用を最小限に施工するので、内部は有機質な土なんです。今年の春も岩の隙間からシダ達がモゴモゴっと顔を出しはじめました。シダや苔類以外にもハーブ類との相性も抜群です。

 


石畳の柔らかさ

南仏プロヴァンスやトスカーナを訪れたことがある人は、こんな石畳に憧れたりしませんか?目地はモルタルで詰め込まないで、土のままにします。踏み圧で歩く部分が少し凹んでいたり、時間が経っているかのように演出するのがポイントです。その目地の間にグランドカバーが入り込んで小さな花を咲かせる風景は、ノスタルジックな雰囲気を作り出してくれます。

 


ノスタルジック好きには、ロックガーデン本当におすすめです!


世界に見る遺跡ガーデン

Follow アンクルペペ’s board 遺跡ガーデン on Pinterest.